展示

パビリオンテント

独立したテントで自由な展示が特徴のパビリオンテント。今年はスペイン大使館とイギリス大使館がそれぞれのデザインプレゼンテーションを行います。

スペインパビリオン

展覧会「タパス:Spanish Design for Food」

tapas.jpg

日本スペイン交流400 周年を記念して、展覧会「タパス:Spanish Design for Food」をAcción CulturalEspañola (AC/E)の主催で開催。今、世界で注目を集めているスペインの「デザイン」と「食」というふたつのホットな分野がひとつになった展覧会です。ディゴ・ラモスやハイメ・アジョンを初め、多くののデザイナー、建築家、アーティスト、および企業出展する予定です。

spinpavillion.jpg

■スペインフォーラム(10月27日(日)18:30から Creative Labテント)
イギリスの雑誌「Wallpaper」で、過去10年間で最も影響力のあるクリエイターの一人として選ばれたスペインのアーティスト・デザイナー、ハイメ・アジョン(1974年マドリード生まれ)が、同業のデザイナーであり建築家で、「タパス:スパニッシュ・デザイン・フォー・フード」展のキュレーターを務めるジュリ・カペーリャ(1960年バルセロナ生まれ)と対話をします。デザインの決まり事にどう挑み、営利性の限界にどう迫まるか、また、スペインのデザイナーが伝統を大切にしながらも、そこに工夫やユーモア、ウィットを加えた現代的な利便性を追求していることなどについて、意見を交換します。

ajom_s.jpg

イギリスパビリオン

The Great British Beer Festival and the showcase of British Creativity
presented by BRITISH EMBASSY Tokyo 駐日英国大使館

The Great British Beer Festivalでは、日本初上陸のビールをはじめとし、35種類以上の英国直輸入ビールをお楽しみいただけます。

英国フード&ドリンクの最前線を紹介するキャンペーン「Food is GREAT: A Taste of Britain」、の一環として、英国パビリオンにて「The Great British Beer Festival」を開催いたします。英国は、世界のビール大国のひとつに数えられる歴史ある国ですが、日本人には、まだまだ知られていない素晴らしいビールが、多数存在しています。そこで、今回のキャンペーンを機に、より多くの皆さまに英国ビールを味わっていただくのと同時に、あわせて英国のビール文化もご紹介して参りたいと思います。イギリスは、大量生産ビールとは一味違った「地ビール」を醸造する「マイクロブルワリー」流行の先駆けとなった国です。マイクロブルワリーとは創造的な精神をもってビールを少量生産する醸造所を指し、イギリスのマイクロブルワリーでは伝統的な原料使用、濾過や熱処理を行わずに、時間をかけて発酵が行われる樽からの直接サーブ(出荷)といった伝統的な製法にこだわった「リアル・エール」が作られています。

england.jpg