2016年8月10日

LEXUS DESIGN AWARD2017 募集開始!

LDA2017.png

Design Association NPOが協力する、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の作品募集を開始。同コンペティションは豊かな社会とより良い未来をつくり上げる"DESIGN"と、アイデアを生み出す気鋭のクリエイターの育成・支援を目的に、2013年に創設し今回で5回目を迎える。

「LEXUS DESIGN AWARD 2017」のテーマは、"YET (二律双生) "。YETとは、相反するものを互いに妥協させるのではなく、調和させることで更なる高みを目指し、新しい価値や感動を生み出すLEXUSのものづくりのDNAのひとつ。YETの思想はブレークスルーを促すものであり、潜在する創造力をかきたてるものである。これにより、LEXUSは未来のモビリティをかたちづくるデザイン・技術の先見性を見出していくことを目指している。LEXUSのものづくりのDNAをテーマとすることで次世代を担うクリエイターの独自性のある解釈と、明るい未来を創造する チャレンジ精神溢れるデザインへの期待をこめている。

「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の入賞12作品は、イタリア・ミラノで開催されるミラノデザインウィーク2017*1の LEXUS会場に展示予定。入賞12作品のうち、4作品の受賞者へは世界的クリエイターをメンターとしたセッションを通じ、プロトタイプを制作。受賞者にはプロトタイプ制作費として、最大300万円を支援する。受賞者は、自身の作品についてのプレゼンテーションをミラノデザインウィーク2017のLEXUS会場で行う。最終審査を経てプロトタイプ4作品の中から、LEXUS DESIGN AWARD 2017の頂点となるグランプリ1作品を決定する。グランプリ作品へは受賞後、商品化へ向け支援する可能性もある。

これまでのLEXUS DESIGN AWARD受賞者は、受賞後、作品の商品化や企業とのコラボレーションなど様々な形で飛躍を遂げている。LEXUSは、今後も本アワードを通じて次世代のクリエイターの育成・支援を続けていく。LEXUS DESIGN AWARD 2015で初代グランプリに輝いたエマヌエル・コルティとイヴァン・パラティの「Sense-Wear」は、ミラノでの展示後、日本・ロシアでのLEXUS関連イベントにて作品展示を行った。LEXUS DESIGN AWARD 2016でグランプリを受賞したAMAMの作品である天然資源(寒天)を用いた梱包材は、スイスをはじめ複数の国でのデザインエキシビションから招待を受けるなど注目を集めている。また、LEXUSは本作品を8月10日からCrafted for LEXUS*2のONE KILNのカップの梱包材として数量限定で採用する。

本アワードの応募受付期間は、2016年8月10日から10月16日まで。2017年初頭に入賞12作品を発表する。

なお、募集開始に合わせ今年4月のミラノデザインウィーク2016で展示したLEXUS DESIGN AWARD 2016の受賞作品を、8月10日から9月9日まで、東京・南青山のINTERSECT BY LEXUS-TOKYO*3にて、凱旋展示する。

*1 イタリア・ミラノで行われる世界最大のデザインエキシビション。家具メーカーやファッションブランドが独自性をアピールする様々なイベントを開催。ミラノサローネとも呼ばれる。 2015年のインスタレーション「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」は、公式コンペティション「Milano Design Award Competition」において、「Best Entertaining賞」を自動車会社として初めて受賞するなど高い評価を受けた。
*2 LEXUSのクラフトマンシップに共鳴する「次世代を担う匠」とコラボレーションした、ライフスタイルを彩るコレクション。日本のモノ作りの素晴らしさを再発見し、次世代へと受け継ぎ、さらに世界へと発信するプロジェクト。アイテムの取り扱いはINTERSECT BY LEXUS - TOKYOとDUBAI限定。
*3 "都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる"というテーマのもと、LEXUSが考えるライフスタイルを体験できるブランド活動発信拠点。

【募集要項】

タイトル LEXUS DESIGN AWARD 2017
募集期間 2016年8月10日~10月16日
テーマ YET(二律双生)
審査基準
  • テーマ"YET(二律双生)"に対する着眼点とその解釈の独自性
  • LEXUSの考える"DESIGN"に対する深い理解
審査員
  • パオラ・アントリネッリ(Paola Antonelli)氏
  • アリック・チェン(Aric Chen)氏
  • 伊東 豊雄(Toyo Ito)氏
  • バーギット・ローマン(Birgit Lohmann)氏
  • アリス・ローソン(Alice Rawsthorn) 氏
  • 澤 良宏(Yoshihiro Sawa)/Lexus International
メンター
  • ネリ・アンド・フー(Neri & Hu)氏
  • マックス・ラム(Max Lamb)氏
  • エレナ・マンフェルディーニ(Elena Manferdini)氏
  • スナーキテクチャー(Snarkitecture)氏
LEXUS DESIGN AWARD 2017 入賞12作品
  • グランプリ    1作品(プロトタイプ4作品から選定)
  • プロトタイプ展示 4作品(入賞12作品から選定)
  • パネル展示  8作品(入賞12作品のうちプロトタイプ4作品を除く)
賞典
  • 入賞12作品のクリエイターをミラノデザインウィーク2017に招待
    ※個人・グループ応募に関わらず1名を招待
  • そのうち4作品には、最大300万円を制作費として支援し、担当メンターとのセッションを通じて2017年1~3月の間で受賞作品のプロトタイプを制作
  • 2017年4月にミラノデザインウィークのLEXUS会場にて4作品のプロトタイプ、並びに入賞8作品のパネルを展示
  • 入賞12作品のクリエイターは、ミラノデザインウィーク2017において、自身の作品についてのプレゼンテーションを行う。最終審査を経て、プロトタイプ4作品の中から、最終的にグランプリ1作品を決定
主催 Lexus International
協力 Designboom
Design Association NPO
応募方法 下記公式サイトから応募
LexusDesignAward.com/jp

審査員

  • Paola Antonelli.jpg

    パオラ・アントリネッリ
    (Paola Antonelli)
    / キュレーター

  • Aric Chen.jpg

    アリック・チェン
    (Aric Chen)
    / キュレーター

  • Toyo Ito.jpg

    伊東 豊雄
    (Toyo Ito)
    / 建築家

  • Birgit Lohmann.jpg

    バーギット・ローマン
    (Birgit Lohmann)
    / デザインブーム編集長

  • Alice Rawsthorn.jpg

    アリス・ローソン
    (Alice Rawsthorn)
    / デザイン評論家

  • Yoshihiro Sawa_resize.jpg

    澤 良宏
    (Yoshihiro Sawa)
    / Lexus International
    Executive Vice President

メンター

  • Neri&Hu.jpg

    ネリ・アンド・フー
    (Aric Chen)
    / 建築家・デザイナー

  • MaxLamb_resize.jpg

    マックス・ラム
    (Max Lamb)
    / デザイナー

  • Elena Manferdini_resize.jpg

    エレナ・マンフェルディーニ
    (Elena Manferdini)
    / デザイナー・建築家

  • Snarkitecture_resize.jpg

    スナーキテクチャー
    (Snarkitecture)
    / アーティスト・建築家