2017年11月30日

自動走行カーシェアリングmobunoが登場!

自動運転によるカーシェアリングへの期待が高まる中、xoioIUM (Institute of Urban Mobility) は、現在の都市輸送交通機関に対する、魅力的な代替案であるmobunoを開発しました。mobunoは、スマホで予約できるタクシーのような手軽さと気軽に乗り合うことができるバスのような気軽さがあります。現在のデザインでは、4名の乗客を乗せることができますが、個別の車体を連結することで、乗車人数のキャパシティを増やすことができます。

xoio mobuno
xoioによってデザインされたmobunoは、自動運転によるカーシェアリングを実現する

mobunoは、専用道路を必要とせず、既存の道路で走ることができるため、mobunoシステムへの移行に、コストも時間もかかりません。余分な土地がない都市空間での保管場所に関する課題もすでに解決しています。mobunoは、待機時、車体を連結している部分を取り外し組み直すことで、車体を最小限小さくすることができます。車が呼び出された時の人数に応じて、再度連結し拡張される仕組みになっています。

xoio mobuno
旅行者は、スマホでmobunoの車体にアクセスすることができる

xoio mobuno
1つのmobunoの乗客数は4名だが、他の車体を連結することで乗客人数を増やすことができる

xoio mobuno
保管時(待機時)には、車体が最小限コンパクトにされて駐車される

xoio mobuno
mobunoのユニットが駐車場(保管場所)から出入りする際は、他のユニットが反応し、最適なスペースを空けることができる

xoio mobuno
mobunoの車体は、自由自在にサイズを変えることができる

xoio mobuno
このプロジェクトは、xoioIUMのパートナーシップによって開発されている

xoio mobuno
車体の球状の車輪によって小回りが効くため、狭く細い都市空間の移動にきちんと対応できる

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/londons-smallest-gallery-hair-salon-sam-jacob-studio-dkuk-peckham-01-24-2017/