2017年10月27日

Body Electric BMW Open Work


all images © BMW. photography: rob low

Olivia Erlanger は、自身の独創的なアプローチをこのように説明します。「私たちの機械によって人間が変異合成を始めると、 'Body Electric'は 私たちと環境の従来の関係に変化を与えます。私たちが具現化した'Natural'の経験は、私たちがデザインしたオブジェクトによって仲介されたり、歪んだりします」

olivia erlangerが手がけた'Body Electric'の空間は、濃い霧と青い光の中、石油価格に応じて3つの人感センサーを備えたベンチを絶えず変化させます。「公共の場における最も古いインダストリアルな要素を持つ」と説明されるこのベンチは、オーディオ機器として機能し、その場にいる人へ座って音声を聞くように促し、環境保全に関するリアルな証言と架空の証言を聞かせます。古い技術と未来の技術を混在させることで、このインスタレーションは環境と人間の適応関係を推測し、特に私たちの身体的な経験に焦点を当てています。

attilia fattori franchiniによってキュレーションされた BMW Open Workのプレミアには、人々に魅力的な体験をこれからも提供するために、先進的なアーティストが年に一度招かれています。1962年のUmberto Ecoの文学誌 Opera Apertaに影響を受けた、Olivia Erlanger Body Electricは、ロンドンのRegent公園で開催されている frieze london 2017で展示されています。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/art/bmw-open-work-olivia-erlanger-frieze-london-10-14-2017/