2016年7月29日

周囲の環境から学習し航海するドローン

yuneec社は革新的な機能のホストと技術の限界を駆使したドローン「typhoon H」をリリースしました。インテル製造工場取付の「realsense R200」カメラにインテル「atom」プロセッサ搭載、「ST16」コントローラとヂュアルオペレーターモード用の「wizaed」コントローラを備えています。2つのバッテリーに予備プロペラなど、カスタムデザインされたバックパックに充填されています。インテルの「realsense」テクノロジーは自律飛行が可能で、物体の周囲を理解しながらナビゲートし、顧客対応も別次元のレベルへ安全に運びます。

操作範囲のデモンストレーション
動画提供:yuneec

「typhoon H」は消費者のクリエイティブな発想と共に開発され、モーターからプロペラの素早い取外しが可能で持ち運び便利なローターアームからのスピーディーな折り畳みが可能のユーザーフレンドリーな設計が特徴です。耐久性に優れ、減量可能なカーボンファイバーが使用されています。このドローンにはカウンターパート、7インチ大型ディスプレイにHD720pクオリティのリアルタイム動画受信可能なプロ品質のアンドロイドベース「ST16」コントローラ付属されています。コントローラをスマホやタブレットに接続することで操作性が大幅に改善されました。

yuneec-typhoon-h-designboom-04
洗練された「ST16」は720pディスプレイを装備

このインテリジェントな無人航空機は、6つのローターと無制限に旋回可能なシャープ4Kビデオの360°ジンバル機能に加え静止画12メガピクセルの全く新しい「CGO3+」カメラが搭載されています。さらに着陸装置は飛行中には引っ込む仕組みで遮るものが無いシームレスなビューショットが撮影できます。超音波で近接検知して「realsense」が不作動の際に障害物を回避するアシスト機能やモーターが故障した場合の「typhoon H」を安定状態を保つための6つのローターの安全維持装置などの革命的な新しい安全装置を完備しています。

yuneec-typhoon-h-designboom-01
持ち運び便利なローターアームからのスピーディーな折り畳みが可能

ドローンのインストールには「realsense R200」カメラとインテルクアッドコア「atom」プロセッサモジュールが円滑に作動し飛行制御ファームウェアが障害物のナビゲーションを付け加えます。特別なセンサーとカメラとマップシステムの組み合わせによって、物体を3Dで捉え周囲の環境を学習、最適なルートと安全なナビゲーションを選択します。また大きな進歩と言えるのは、自動的に障害物接近時に飛行経路を停止する障害物超音波衝突防止です。しかし環境のモデル化や動的障害物の周囲には再ルート検索は不可能です。モジュールは安定性改善に下面のセンサーも加え、屋内外での地面付近でGPS受信が不安定であっても飛行可能です。

yuneec intel typhoon h drone designboom
周囲の障害物を自動的に検出して道をナビゲート

「我々は常に技術を通じて創造の可能性を切り開く事を求めています。」とインテル副社長anil nanduri氏は言います。「インテル「realsense」技術を装備したyuneecの「typhoon H」は、多くの創造的可能性を妨げるドローン操作者への障害物への注意を軽減し、飛行経路とカメラワークに焦点をさらに置くことができます。」

yuneec intel typhoon h drone designboom
インテル「realsense」テクノロジーを搭載した自律飛行可能な「typhoon H」

yuneec intel typhoon h drone designboom
シャープ4Kビデオ映像に静止画12メガピクセルの全く新しい「CGO3+」カメラ

yuneec intel typhoon h drone designboom
yuneec社とインテル社の「typhoon H」

designboom.com, Milano
原文: http://www.designboom.com/technology/yuneec-intel-typhoon-h-drone-07-14-2016/
著者: designboom.com