2016年2月22日

空間インスタレーションで雲の実体化

lionel cruet materializes the cloud in espacio intangible installationイメージ提供:lionel curet、上部画像はpablo corradi

プエルトリコのアーティストlionel curetは仮想空間でありながらも物理空間に誘うようなインスタレーション「espacio intangible」(スペイン語で無形空間)でクラウドデータを実体化します。非常に複雑なシステムとデジタルストレージの相互接続ネットワークのメタファーとして考案され、視覚と聴覚を介してデータを可視化できるインスタレーションです。「espacio intangible」は映像と音響が一体型になっており、小さい可動式コンテナ内で行われます。このプロジェクトはまた、我々一人一人のメモリ(思い出)の代わりにクラウドデータを映すことによってデータ内のメモリの物理的な出現を目指しています。

lionelcruetdesignboom05
内部のカラーシーケンス


可動式コンテナに人が立っている様子

動画提供:lionel cruet

lionel cruet espacio intangible installation
インスタレーションは視覚と聴覚両方を使って物語を映し出す

lionelcruetdesignboom04
外部の様子


「espacio intangible」(スペイン語で無形空間)

lionel cruet espacio intangible installation
コンテナの大きさは7x16x8フィート


コンテナの壁に映る鑑賞客の影

lionel cruet espacio intangible installation
「espacio intangible」lionel curet

lionelcruetdesignboom03
映像と音響の装置

lionel cruet espacio intangible installation
外部の様子

lionelcruetdesignboom02
内部の様子

designboom.com, Milano
原文: http://www.designboom.com/art/lionel-cruet-espacio-intangible-installation-02-18-2016/
著者: designboom.com
翻訳: 吉野 慶