2017年4月14日

宇宙科学の夢を乗せた精密ロケット型時計

スイス時計メーカー MB&Fの「destination moon」は、1960年代に話題になったサイエンスフィクションの宇宙冒険に対する想像力を駆使して創られたもので、精巧な要素とその美しさに感嘆する8日間巻き時計です。この魚雷型時計は、スイスの時計製造ブランドと最高峰機械時計の有名メーカーl'epée 1839のコラボレーションで実現しました。「空間は空でなく、想像力で満たされている」と言う主張で、境界線を超え何もが可能であるかのように見える冒険を呼び起こすミニマルなロケットを反映したものです。

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom01

パラジウムメッキ真鍮製の吊り下げポッドが備わっているサテン仕上げのステンレス製フレームが特徴

イメージ提供: MB&F

このMB&Fの「destination moon」の為にデザインした l'epée 18398日間巻き時計は、実際の宇宙船の設計を真似して創られています。ロケットの原動力はベース部分の大きめの巻き上げクラウンからきており、垂直レギュレーターは精度の制御を行います。さらにこのレギュレーターは、宇宙放射線や指紋などから精密さを損ねないよう透明なミネラルガラスのパネルで保護されており、その上から数字が刻まれた大判ステンレススチールディスクが時計の時刻を表示する仕組みになっています。

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom02
水平円板はメカノトイの部品のような穴の空いたデザイン

1960年代の宇宙への夢のもう一つの演出として、宇宙飛行士ニールから名前を付けたシルバー製のフィギュアとはしごが含まれています。人類初の月への飛行に任命されたニールは、我々の世代に多大なる影響を残しただけでなく、時計製造とロケット建設の両方の視点からエンジニアリングの勝利を際立たせました。「destination moon」は重さ4kg、限定50個でブルー、ブラック、グリーン、シルバーの4つのカラー展開となっています。

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom03
シルバー製の宇宙飛行士を型どる姿は人間のロケット開発と時計製造のエンジニアリングの功績とを掛けている

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom04
こちらの時計はPVD加工でブルー、グリーン、ブラック、シルバーの4種類限定50個の展開

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom05
合計237個の部品から成るロケット型時計

MBF-lepee-1839-destination-moon-clock-designboom06

designboom.com
原文: http://www.designboom.com/design/mbf-lepee-1839-destination-moon-clock-03-27-2017/