2017年8月 1日

The best space photos of 2017 受賞作品発表

グリニッジ天文台主催のthe best space photos of 2017が今年も開催され、受賞作品が発表されました。2017年の候補作品は流星群や流れ星、星座などといった目を引くような作品が多く、選考は困難を極めました。



image by yulia zhulikova
雪化粧した木々は街灯の明かりで鮮やかなピンク色に染まり、その上には渦巻き状のオーロラが出現

グリニッジ天文台が主催する今回のコンテストの受賞者 (9つの部門と2つの特別賞)は、9月14日(木)にグリニッジ天文台で行われる特別授賞式にて表彰される予定です。なお、受賞作品は9月16日(土)よりastronomy centreにて無料展示される予定となっています。

アマチュアからプロの写真家が撮影した天王星や小惑星など、コンテストの開始以降9年間ではじめて、91か国3,800枚もの応募作品の中から受賞作品が決定されました。


image by andrew whyte
天体観測をしている男性が英国夏時間の始まる時間ちょうどに時計を合わせているあいだも、上空では同心円の星が規則正しく回転している


image by bernard miller
地球からもっとも近い場所に存在すると信じられていた葉巻銀河(M82)は、爆発によって赤色やオレンジ色をしている


image by rob bowes
portland, dorsetの風景と上空を横切る流れ星の様子


image by chris heapy
ふたご座の足元にある大きな超新星残骸ic443は、3万年前に爆発が起こったといわれている


image by steve brown
シリウス(おおいぬ座)は地球上から見えるもっとも明るい恒星のひとつであり、まるでポップアート作品のよう


image by warren keller
地球から1467光年もの距離に位置するオリオン座にある星形成星雲NGC 2023の光の筋や反射が収められている


image by chris heapy
ふたご座の足元にある大きな超新星残骸ic443は、3万年前に爆発が起こったといわれている


image by brandon yoshizawa
上空には天の河が輝き、ポプラの木々や雪が積もった山脈の様子が同時に収められている


image by derek burdeny
trømsoの港で撮影された一枚。オーロラと水面に映る色とりどりのカラー照明の輝きが収められられている


image by haitong yu
中国・北京郊外にあるnational astronomical observatory of chinaで撮影された一枚。天の河は、超大型干渉電波望遠鏡群からはもちろん、小さな電波望遠鏡でも見ることができる

designboom.com
原文: https://www.designboom.com/art/best-space-photos-07-26-2017/