2017年12月 4日

祈る代わりにテニスをプレー

アーティストAsad Razaは、ミラノにある16世紀後半の教会の内部に、現代美術の空間を生み出しました。Razaは、空間を通じて、オブジェクトと人、人以外の要素がどのように共存するのかを探求し続けています。教会の内部には、ユニークなインスタレーションが表現され、インスタレーションには、テニスコートとその備品・冷たいジャスミンティー・精神を落ち着かせるお香・個別のテニスコーチなどが含まれています。Razaは、神聖な場所でテニスをプレーすることで、自己の成長と身体の休息を得てほしいと考えています。

asad raza
アーティストであるAsad Razaは、ミラノにある教会にテニスコートを設置した
all images © andrea rossetti

Razaは、テニスをプレーすることで得られる喜びとインスピレーションの素晴らしさをインスタレーションに表現しています。Campi Brothersによって描かれた壁画に囲まれたテニスコートで、純粋にテニスボールを打ち合うことで、プレーヤーは一種の瞑想状態を体験することができます。つまり、テニスをプレーすることで、インスタレーションを体験することができるのです。この空間は、体験するだけではなく、純粋に現代美術のインスタレーションを鑑賞する場にもなっています。

asad raza
インスタレーションを体するだけでなく、純に鑑賞する場にもなっている

asad raza
Life of the Paul the Apostleの壁画にまれた神聖な空間の中心で、テニスをプレーすることができる

asad raza
壁画は16世紀後半にGiulio CampeiAntonio Campeiによって描かれている

asad raza
インスタレーションには、テニスコート以外に、ジャスミンティーやお香、テニスコーチまで含まれている

asad raza
Razaによるインスタレーションは、教会の既存のインテリアと装飾品も含めて、表現されている

asad raza
インスタレーションへの参加(テニスコートの利用)は、自由に誰でも参加することができる。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/art/asad-raza-converso-church-tennis-court-milan-11-10-2017/