2017年11月20日

AirbnbでLEGOハウスに泊まろう!

the danish toys manufacturer airbnb のパートナーシップにより、1組の家族がLEGO houseを一晩、貸し切りで体験できるスペシャルイベントが開催されます!

airbnb lego house designboom

bjarke ingelsが手がけたLEGO houseは、9月から一般公開されている(すべての画像はLEGOからの提供によるもの)

イベントに参加したい人は、airbnbを通じて、LEGOからの質問 「LEGOピースが無制限にあったら、家族で何を作りますか?」に答えて、応募します。当選した場合は、LEGOから招待状が届き、2500万個の LEGOのピースを使って建てられたLEGO ハウスを、家族で貸し切ることができます。残念ながら当選できなかった人、参加し損ねた人も、一般公開の日にLEGOハウスを訪れて、LEGOでつくられたベッドや目覚し時計、猫に囲まれた空間を楽しみましょう。


ベッドルームには、6メートルのLEGOの滝が流れている

このイベントに当選すると、LEGOグループ開発デザイン責任者であるJamie Berardとのランチに招待されます。ランチには、LEGOの遊び心が溢れていて、ゲストは、自分の食べたい食べ物を、LEGOのピースでつくって、オーダーできるようになっています。しかも、その食事は、2台のロボットウェイターが運ぶ仕掛けになっています。

airbnb lego house designboom
当選者は、レゴグループ開発デザイン責任者であるJamie Berardとランチを食べることができる

ランチ後は、一般公開が締め切られ、当選者家族とJamieだけの完全な貸し切り状態になります。Jamieの説明とともに、大人たちはLEGOの歴史を辿りながら、子どもたちは、ロボットカーやデザイン都市の技術を体験して楽しむことができます。

airbnb lego house designboom
子どもたちは、ロボットカーやデザイン都市の技術を体験できるゾーンで遊ぶことができる

Jamieが案内する最後の部屋は、コアなファン向けにつくられたベッドルームになっています。 家には、宿泊者家族のために、2つのベッドルームが用意されていて、LEGOLEGO DUPLOでつくられたプールがそれぞれの部屋に登場します。水の代わりにLEGOで埋められたプールと6メートルのLEGOの滝がベッドを囲み、そこで眠る人間をカラフルなLEGOの世界へ誘います。当選者は、寝る前に、LEGOからの質問 LEGOピースが無制限にあったら、家族で何を作りますか?」に答え、自分のアイデアを無制限に広がるLEGOピースを使って形にしていきます。

airbnb lego house designboom
LEGOで埋められたプールに囲まれるベッド

airbnb lego house designboom
細かな部分もLEGOですべて再現することが可能

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/design/airbnb-lego-house-11-02-2017/