2017年10月24日

パリのオフィスに出現した巨大な生き物

フランス人デザイナー ora itoは、 LVMH'sメディア部門の新しいオフィスをパリ15区に設けました。4階建ての空間には、いまにも飛躍しそうな階段が建築の中心部から天井に向かってデザインされており、Ora氏は「階段という名の生き物が吹き抜けに波打ち、形づくり、空間を貫いているようだ」と語ります。パラメトリックデザインの彫刻の生き物のような外見は、最小限のインテリアで整えられたオフィスと対照的な印象です。

ora ito
印象的なこの階段は彫刻として空間を定義づける存在感がある
all images © we are contents

ora itoは10 grenelleプロジェクトで、LVMH'sメディア部門だけではなく、共有スペースも含めた3万平方メートルの設計を手がけました。彼は20年以上のキャリアの中で、通信設備と建築、そして家具とホテルなど、多分野でフランスのデザイン界をリードしています。

ora ito
彼は通信設備と建築のプロジェクトなど、多分野でスタジオ設計をリードしている

ora ito
明るく照らされた生き物のような階段

ora ito

彼のオフィスは簡素で静か、そして機能的である

ora ito
「階段をデザインの中心にしたかった」と彼は語る

ora ito
彼はこの階段を「半蛇、半キメラ」のようだと説明した

ora ito
空間の中で波打ち、形をつくる階段

ora ito
洗練された材料がインテリアすべてに使用されている

ora ito
パラメトリックなデザイン戦略が採用された

ora ito
10 grenelleプロジェクトとして共用エリアの設計も行う

ora ito
生き物のような階段がシンプルなインテリア空間にドラマティックな驚きを与えている

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/ora-ito-lvmh-media-office-paris-10-5-2017/