2017年12月22日

誕生100周年に捧げるサングラス

建築家Ettore Sottsass誕生100周年を記念して、スペインのアイウェア会社Nina Mûrとデザイン会社Abet Laminatiのコラボレーションによるサングラスが発表されました。Abet Laminati社は、生前のEttoreに自由な創作の機会を与え、彼の長いキャリアを支えていた存在でもあり、サングラスのデザインは、1980年初頭、Ettoreを中心に結成されたデザイナー集団メンフィスのスタイルに影響を受けたものになっています。

メンフィスの要素を取り入れた、サングランスのラミネート装飾は、彫刻のように輪郭と一体化して、ファンダメンタルな役割を果たしています。そして、ガラスのコーティングデザインは、80年代に旋風を巻き起こした、プラスティックラミネートの革新的なアイデアをうまく表現しています。

"Nina Mûr goes to memphis" コレクションには、2つのラインがあります。1つは、オリジナルのメンフィスデザイン(デジタルプリントの小規模ラミネートが特徴的なもの)2つ目は、モノクロのベーシックなメンフィスデザインになっています。すべてのコレクションが、フィンランド産の樺の木の葉を使用し、当時のアルゴリズム的な技術でもある、手作業の塗装作業によってつくられています。

建築家Ettore Sottsass誕生100周年を記念して、スペインのアイウェア会社Nina Mûrとデザイン会社Abet Laminatiのコラボレーションによるサングラスが発表されました。Abet Laminati社は、生前のEttoreに自由な創作の機会を与え、彼の長いキャリアを支えていた存在でもあり、サングラスのデザインは、1980年初頭、Ettoreを中心に結成されたデザイナー集団メンフィスのスタイルに影響を受けたものになっています。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/design/nina-mur-wooden-ettore-sottsass-patterned-eyewear-11-21-2017/