2017年9月11日

バケツの大洪水がメキシコの大都市に流れ込む

メキシコシティのCentral Alameda Park では、大都市の公共空間の解放シンボルとして Factor Eficienciaが手がける5468796個もの建築物がバケツの波を作り出しています。100.0 m² の仮設展示会場temporary pavilionでは、一般的に画家が使うバケツを建築物のブロックに使用し広大なロープのグリットを介してこれらのブロックを繋げています。メキシコ中心部の都市にあるこうしたオブジェクトがある道では、'viene viene'と呼ばれる事業家たち (彼らは政府下ではない監督外で活動している人々) が駐車する人々に駐車料金を請求することも一般的にあります。"One Bucket At a Time" は楽しみを通して市民が再び公共空間に対して所有権を取り戻すことを目的としています。


"One Bucket At a Time"は様々な形に変貌する巨大なカーペットを作り出しました。
all images © jaime navarro and courtesy of factor eficiencia

factor eficienciaが手がけた"One Bucket At a Time"5468796 architecturestudio NYL structural engineersの構造エンジニアにより、2017mextropoli architecture festival が開催されている間 3日に渡り行われます。自在に変貌する波の表面は、人々の遊び心 座ったり 走ったり 遊んだり 立ってみたり のんびりしたり などの探索を自由にしています。画家用の絵画に使われるバケツは この自由な空間において建築ブロックとして使用され 組み合わせて構造を作ることで 柔軟で自由自在に変化できる巨大なカーペットを作り出しました。


この公共空間は独自の都市環境の所有権を市民が再び取り戻せるようにしています


一時的な空間が 特に子どもたちにとって 登ったり 遊んだりする 楽しい空間になっています


"One Bucket At a Time" Factor Eficiencia 5468796 architecture Studio NYL の 構造エンジニアによって作られました。


バケツの波はメキシコシティの Central Alameda Park にあります。


"One Bucket At a Time" 市民が 座る 走る 立つ など それぞれの安らぎの場として存在しています。


'viene viene' と 呼ばれる人々によって波は作られ 沢山のバケツがロープで繋がれていきます。


建築途中の大きなバケツの波

designboom.com
原文: https://www.designboom.com/architecture/mextropoli-wave-buckets-08-23-2017/