2017年11月15日

最先端技術でピカソの絵に命を吹き込む

パキスタンを拠点とするデザイナー Omar Aqullは、Pablo Picassoのポートレートを、中世建築を背景に3Dレンダリングを用いて現代に蘇らせました。この作品は、今年はじめに完成した前シリーズ mimic Iに続いて制作したものです。4D-rayPhotoshop、イラストレーターを使用し、Picassoの抽象芸術的なポートレートを3Dアニメーションとして再現しています。Aqullは、日頃からPicassoの作品に興味を持ち、具体的には彼自身の抽象芸術の才能、視覚言語に関心を深めていました。

omar aqil

Mimic II では、Pablo Picassoの作品内における、さらなる形の多様性を探求しました6つのポートレートを選び、現代的な中に、中世の建築要素を実験的な背景として使用しました。彼の作品の見た目を変え、新しい物語を形づくるために、いくつかの異なる要素を加えました。図形の抽象化は、彼が使用したオブジェクト内に新しい複雑さを生み出しました。これは、現代アートに革新的な尽力を尽くした彼に対してささやかな尊敬の意を込めたものです」と aqilは語ります。

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

omar aqil

パキスタンを拠点とするデザイナー Omar Aqullは、Pablo Picassoのポートレートを、中世建築を背景に3Dレンダリングを用いて現代に蘇らせました。この作品は、今年はじめに完成した前シリーズ mimic Iに続いて制作したものです。4D-rayPhotoshop、イラストレーターを使用し、Picassoの抽象芸術的なポートレートを3Dアニメーションとして再現しています。Aqullは、日頃からPicassoの作品に興味を持ち、具体的には彼自身の抽象芸術の才能、視覚言語に関心を深めていました。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/art/omar-aqil-picasso-3d-portraits-10-14-2017/