2017年3月 7日

世界最大のモンドリアンアートピースが誕生

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-1800_01.jpg

richard meier's の手掛けたオランダハーグ市庁舎は、建物壁面に世界最大規模のモンドリアンの壁画を描きました。赤、黄、青の表面に直線ラインが高層建物を包み込み、建物構造と正確に描かれた色のブロックが融合しています。ハーグ市議会の意向としてはこの屋外展示を通じて、世界的に有名な芸術家への敬意と、「モンドリアンからオランダデザインへ」と言う新たな年の始まりのテーマを表明しています。

このモンドリアン壁画デザインには、studio VZ のアーティストであるmadje vollaersとpascal zwart が関わっており、1995年には公共図書館、評議会室、カフェ、展示スペース、結婚式場など街に様々な発展を築いてきました。

かつてオランダで生まれた芸術運動「デ・ステイル」で近代社会を望み、新たな芸術を創出しようとする運動の100周年を記念する、祝典 the hague's year-long celebrationは、ハーグ市で1年を通して行われており、ピエト・モンドリアンの残した有名な運動の例として、hella jongerius, maarten baas, joris laarman、そして piet hein eekなど今日までステイルの影響を受けた現代芸術家たちを輩出しています。

richard meier mondrian
イメージ提供:ハーグ市役所

richard meier mondrian

richard meier mondrian

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-designboom-02

designboom.com
原文: http://www.designboom.com/art/richard-meier-mondrian-city-hall-the-hague-02-15-2017/