2017年2月13日

屋外バスケットコートに描かれた線と色の迷宮

20170213_basketball_1.jpg

シチリア人アーティストのgueは、イタリアにあるアレッサンドロの地でバスケットボーラーたちをワクワクさせるような屋外運動場を描いています。市内のカルロ・カルラ公園の都市再開発の一環として、壁画を手がけるこちらのアーティストは、バスケットボールコートを線と色を使い幾何学模様の迷宮に変身させました。「このアイデアは、フィールドの空間をあちこちに横断できると言う可能性から生まれたもので、試合での実際の動きを通して構図内部に止まって形状の認識を変えるのです。」と説明しています。

20170213_basketball_2.jpgイメージ提供: ugo galassi

gue はコート内をコートの特徴を反映した色彩で描いており、「色の選択はスポーツ界を直接汲み取ったものに動機しています。」と彼は続け、「バスケットボールで実際コートに使用されるカラーサンプルから選び、それらの色を組み合わせ、自分で使う色を追加してバリエーションを作りました。」ポイントスコアリングエリアを描く線は白でマークされ、大胆な黄色、鮮やかな青、クールなグレーのトーンが一緒に集まり、コートの大部分を占めるグラフィック構成を作り出しています、「ルール上必要な指定のエリアのスキームを検討することは重要でしたが、同時にそれに捉われすぎない形と色を自由に表現する必要がありました。」曲線と形は、空間内の動きを強調し、アクションの幅を増やし、コート内で行われる激しい試合に視覚的痕跡を残すような、目に見えるリズム感を作り出しています。

20170213_basketball_3.jpg

20170213_basketball_4.jpg

20170213_basketball_5.jpg

20170213_basketball_6.jpg

20170213_basketball_7.jpg

20170213_basketball_8.jpg

20170213_basketball_9.jpg

20170213_basketball_10.jpg

20170213_basketball_11.jpg

designboom.com
原文: http://www.designboom.com/art/gue-basketball-court-painting-alessandria-italy-01-27-2017/
著者: designboom.com