2017年12月18日

多機能な駐車場「the RAI car park」

benthem crouwel architectsは、amsterdam exhibitionとコンベンションセンターの駐車場the RAI car parkをデザインしました。この多機能ビルは8階建で高さは約8メートル、1,000台の車が駐車可能なパーキングスペースがあります。この建物はアムステルダム中心部のビジネス街、zuidasの環状道路A10沿いにあり、コンベンションや展示会などの開催に柔軟に対応することができます。

benthem crouwel car park
all images by jannes linders

この建物は、螺旋形の2つのタワーとは対照的に、シンプルな長方形の形状が特徴的です。1つの塔は上層階にある駐車場へのアクセスすることができ、もう1つの塔は建物から退館するときに使用します。交通の流れを分けることにより、benthem crouwelは往来の激しい地区におけるスピーディーかつ効率的な駐車場をつくりあげました。コンクリート系プレハブ工法によって建設されたタワーは、駐車場に出入りするための車道を作りあげました。コンクリートでできた螺旋状の塔は、環状​​道路A10からすぐに見つけることができ、夜になると青いLEDライトがエレガントな構造をより際立たせています。

benthem crouwel car park
アムステルダム中心部のビジネス街、zuidasの環状道路A10沿いにある

駐車場の1階の天井は高く、大規模で広々としたホールがあり、コンベンションや展示会の会場として利用することができます。ホールの広さはおよそ2,800平方メートルあり、できる限り少ない列数でダイナミックかつフレキシブルな空間を作り出しています。ホールは、さまざまなイベントのために単独で使用することも可能ですが、スライドドアを使用することによってRAIの主要展示ホールと接続することも可能です。建物の屋上である駐車場のある階でも、さまざまなイベントを開催することが可能です。

benthem crouwel car park
最大1000台まで駐車可能となっている

benthem crouwel car park
アムステルダムの環状道路A10から簡単に見つけられる螺旋状のタワー

benthem crouwel car park
出入りする車の効率的な往来を実現させた

benthem crouwel car park
1階は多機能なパーキングエリアとなっている

benthem crouwel car park
建物の屋上である最上階の駐車場は、さまざまなイベントを開催することも可能

benthem crouwel car park
the helix towersはコンクリート系プレハブ工法によって建設された

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/benthem-crouwel-car-park-rai-convention-center-11-27-2017/