2017年11月 8日

輸送用コンテナを積み重ねた住宅

carroll houseは、21の輸送用コンテナを使用して建設された、ブルックリンのウィリアムズバーグ地区にある住宅です。コーナーロットに位置する25×100フィートの住居は、ada tollaとgiuseppe lignano率いるニューヨークとナポリに拠点を置くLOT-E​​Kによって設計されました。設計チームは輸送用コンテナを積み重ね、上下が分かれるように斜めに切断された'a monolithic and private volume within the urban fabric'をデザインしました。さらに、切断時に余った素材も住宅のデザインに合わせて再利用されています。

LOT-EK carroll house
all images by danny bright

LOT-E​​Kのデザインは各階に広々とした屋外スペースがあり、4つあるテラスは住居の後方部に階段状に連なっています。4つのプライベートデッキには、屋内と屋外の空間をつなぐ大きなスライドガラスの壁があります。斜めに切断された輸送用コンテナは、一般的な住居の間取りを変えるだけでなく、テラスとの居住スペースとの間にスペースがあることで、プライバシーの確保にも役立てっています。

LOT-EK carroll house
ブルックリンのウィリアムズバーグ地区に位置する

1階部分の斜めにカットされた部分には建物の入り口があり、地下室とガレージに繋がっています。キッチンやダイニング、リビングルームなどの主な居住スペースは2階部分にあります。住宅の前方部分には、パーテーションで仕切ることができるリラックススペースとプロジェクターが完備されたメディアルームがあります。3階には主寝室と専用バスルームがあり、最上階には独立したベッドルームや開放的なプレイエリアなどのキッズスペースがあります。

LOT-EK carroll house
この建物には21もの輸送用コンテナが使用されている

LOT-EK carroll house
主な居住スペースは2階部分にある

LOT-EK carroll house
キッチンはダイニングルームとリビングルームにある

LOT-EK carroll house
壁にある狭いスロットからは通りの景色が見える

LOT-EK carroll house
独立したベッドルームにはキッズスペースが含まれている

LOT-EK carroll house
住宅の後方部にはテラスが階段状になって連なっている

LOT-EK carroll house
コーナーロットに位置する広さ25×100フィートの住宅

LOT-EK carroll house
住宅のデザインに合うよう、切断時に余った素材も再利用されている

建設中の様子
video courtesy of LOT-EK

LOT-EK carroll house
住宅の完成予想図

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/lot-ek-carroll-house-shipping-container-brooklyn-new-york-10-10-2017/