2017年5月 5日

古代の神秘的な空間を想わせる石の教会

20世紀中頃のオーガニック建築第一人者として知られる、アメリカ人建築家 kendrick bangs kelloggは、1988年に完成した軽井沢にある星野リゾート「石の教会」内村鑑三記念堂を設計。日本では教会スタイルの結婚式が多く普及していますが、海外ではあまり認識されていません。このチャペルは周囲の緑に囲まれ、樹木より低い設計のため、建物内が自然と中に溶け込んで一体感を生み出しています。

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

石造りのロータリーは入場エントランスとして機能し、奥に傾き伸びる石は式場内に続いている

イメージ提供: © mikael olsson / HK Production

チャペルの敷地内は、エントランスからチャペルを通ってゲスト席奥からも奥側への出入りできるよう、直線を描くように設計されています。石造りの基礎として外観・内観はそのまま使用。東西に徐々に傾斜しながら拡大するコンクリートのアーチを支持し、チャペルホールを形成しています。自然のドミノが並んでいるように、間隔の空いたアーチには半透明の窓が日中の自然の光を取り込み、チャペル内を照らします。石造りにコンクリート、植生、そして自然な光に包まれた内観は古代の神秘的な空間を想わせる雰囲気を創ります。更にカスタムされた木製の備品がアクセントとなり、扉や信徒席など木の温もりを聖域に加えています。

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

チャペル裏側には巨大なガラスの壁が反射する緑を捉えて自然と一体化しています。

イメージ提供:© onion house hawaii

メインホールは自然照明が石壁を照らし、巨大なガラスからは全面に溢れる自然の緑を映しています。

イメージ提供: © mikael olsson / HK Production

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

イメージ提供:© onion house hawaii

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

イメージ提供:© onion house hawaii

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

コンクリートのアーチが描く天井の線状パターン

イメージ提供:© onion house hawaii

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

イメージ提供:© onion house hawaii

kendrickbangskellogg_hoshinoweddingchapel

夜になるとチャペルのアーチの傾きとその存在感を露わにする

image courtesy of stone church

designboom.com
原文: http://www.designboom.com/architecture/kendrick-kellogg-hoshino-stone-church-04-16-2017/