2017年4月23日

学校の上を走る多目的自転車通路

アムステルダムのユトレヒト地区ライン運河沿いに、110メートルに渡る多目的自転車用橋が開通します。このプロジェクトは、市からの委託によってNEXT architectsとrudy uytenhaak architectenbureauが設計を手掛けています。このユニークな構造は、自転車専用道路と歩行者通路を学校と公園を含む施設を一つの橋として統合したもので、水面9mから最高35mの高さとなっています。

next-architects_dafne-schippersbridge-uthrect-netherlands-designboom-02
mastum daksystemen 、maurice iseger

NEXT architectsrudy uytenhaak architectenbureauと同様に、このプロジェクトにはarupbureau b+b.も参加しています。開通後は自然と環境に統合される構造で、毎日自転車を利用する7,000人以上のサイクリストの時間節約を促し、同時に都市間を斬新な方法で結びつけます。橋、学校、公園が一体となることで、相互にシームレスに連携します。

next-architects_dafne-schippersbridge-uthrect-netherlands-designboom-03
image © mastum daksystemen / maurice iseger

「循環路、公園、学校が一体となることで、インフラ、建築、景観の一体化を図ります。」とNEXT architectsのmarijn schenk氏は語ります。

地上高さ7mの橋はユニークな影を作り、その下で勉強も可能な構造となっており、レクリエーションエリアのある学校は公園へと続いています。学校の東側が細長い構造となっている為可能にしています。その結果、公園に付帯する学校のレクリエーションエリアと通路に繋がる見た目も自然な演出となっています。河に近い部分は学校が公園をカバーし、子供達が安全に遊べる空間を作る配慮もされています。

next-architects_dafne-schippersbridge-uthrect-netherlands-designboom-04
image © NEXT architects

next-architects_dafne-schippersbridge-uthrect-netherlands-designboom-04
image © NEXT architects

next-architects_dafne-schippersbridge-uthrect-netherlands-designboom-04
image © NEXT architects

designboom.com
原文: http://www.designboom.com/architecture/next-architects-rudy-uytenhaak-architectenbureau-dafne-schippers-bridge-utrecht-03-31-2017/