ASIA AWARDS

Tag:
art

TOKYO DESIGNERS WEEKの学生作品展、ヤングクリエイター展は、これまでに6,000組以上の国内外の若きクリエイターを世界に送り出してきました。新たなステージとして、昨年から総合クリエイティブアワード「ASIA AWARDS」を設立しています。この国際アワードを通じ、世界の、アジアの躍動する若手クリエイター達のエナジーをTOKYOに集め、若きクリエイターのプラットフォームとなることを目指して参ります。

2回目となる今年は、デザイン/アート/ファション/ミュージックの4部門にわけヤングクリエイター展を展開。各部門で活躍するトップクリエイターを審査員を設け専門性を高めました。また、学校作品展では、昨年に引き続き、海外から招待校を招き国際競争のなかでグランプリを選出します。

また、昨年同様、ASIA AWARDS FOUNDATIONの基金に寄せられた各企業賞パートナー協賛費(2013実績:13社)によりASIA AWARDSは運営しております。

■ASIA AWARDS 2013 企業賞パートナー
株式会社インタープラネッツ、株式会社ウッドワン、有限会社エーエーエーコーポレーション、株式会社エイブル、株式会社コーセー、清水建設株式会社、シモンズ株式会社、株式会社スペース、株式会社そごう・西武、株式会社CHINTAI、東京ガス株式会社、TOTO株式会社、東洋インキ株式会社、ミサワホーム株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社、株式会社三越伊勢丹、森ビル株式会社、リアルスタイル株式会社 (50音順)

ASIA AWARDS 組織委員会

設立発起人:

実行委員長:

実行副委員長:
学校作品展(詳細 学校個人):

学校作品展 実行委員会審査委員:
飯田佳樹 (町田・デザイン専門学校)、岩岡竜夫 (東京理科大学)、内山雄介 (東京工芸大学)、地主広明 (東京造形大学)、中山定雄 (静岡文化芸術大学)、原寛道 (千葉大学)、平野雄介 (総合学園ヒューマンアカデミー 東京校)、廣瀬大祐(コロンビア大学)、細田彰一(日本工業大学)、本多忠房(デジタルハリウッド大学大学院)、松本宏行 (ものつくり大学)


ASIA AWARD デザイン部門 審査委員(詳細):

ASIA AWARD アート部門 審査委員(詳細):

ASIA AWARD ファッション部門 審査委員(詳細):

ASIA AWARD ミュージック部門 審査委員(詳細):

テーマ
テーマ:「MY AVANT-GARDE」

クリエイティビティの本質は前進である。ASIA AWARDS のテーマはMY AVANT-GARDE。ビートルズ、ローリングストーンズやレディー・ガガがそうだったように新しい創造は社会変革を引き起こしています。ASIA AWARDSは、U-30の若いクリエイターが世界に向けてあたらしい創造を発信するインターナショナル・クリエイティブアワードとして東京から新しい創造を発信していく様な作品を募集します。

参加方法
各部門ごとに審査スケジュール、参加方法が異なりますので各ページで確認して下さい。

top_bnr3_01.gif top_bnr3_02.gif top_bnr3_03.gif top_bnr3_04.gif top_bnr3_06.gif

審査/プレゼンテーション/各賞授与内容
1次審査:書類審査

■エントリー期間
ヤングクリエイター展:7月31日まで
学校展:6月30日まで

■審査方法
ヤングクリエイター展:コンセプトシート
学校展:学内審査(エントリー登録以前)

■審査員
ヤングクリエイター展:ASIA AWARDS各部門審査委員 ・ 事務局
学校展:学内教員

■結果報告
ヤングクリエイター展:8月下旬
学校展:エントリー後、自動通過

2次審査:会場審査

■審査員
企業 ・参加学校先生 ・大使館 ・プロ展出展者

■審査期間
10月25日~10月26日
(※企業賞審査期間:10月25日~10月28日)

最終審査:プレゼンテーション審査

■最終審査員
世界DESIGN WEEKのオーガナイザー ・各メディア ・ASIA AWARDS実行委員 ・ 企業賞パートナー企業 ・各国大使館

■審査期間・表彰式
ヤングクリエイター展:10月31日
学校展:11月1日

asiaaward_prize.png

昨年のASIA AWARDS

■各賞グランプリ(3作品)

■企業賞
【ASIA AWARDS 2013 企業賞パートナー】
株式会社インタープラネッツ、株式会社ウッドワン、有限会社エーエーエーコーポレーション、株式会社エイブル、株式会社コーセー、清水建設株式会社、シモンズ株式会社、株式会社スペース、株式会社そごう・西武、株式会社CHINTAI、東京ガス株式会社、TOTO株式会社、東洋インキ株式会社、ミサワホーム株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社、株式会社三越伊勢丹、森ビル株式会社、リアルスタイル株式会社 (50音順)