展示タイトル『わ!』 
6年後の東京オリンピックを想定し、東京に集まった人々のふれあいの場を提案します。世界中の人々とふれあえる絶好の機会におけるコミュニケーションツールを、カメラとして提案します。